Château de Reignac (シャトー・ド・レニャック)   ペイ・ド・ラ・ロワール地方

 

18世紀にアメリカ独立戦争に義勇兵として参加し、後の七月革命(1830年)時にはパリ国民軍司令官として七月王政を成立させた、マルキー・ド・ラファイエット侯爵。かつて、そのラファイエット侯爵の所有地であったシャトー・ド・レニャックは、2003年にシャトーホテルとして修復されました。

12 室あるシャトー内のゲストルームには、かつての主「ジルベール・ド・ラファイエット」、その妻「アドリアンヌ・ド・ノアイユ」、また女流作家であり、作曲家リストの恋人でもあった「マリー・ダグール」、王妃マリー・アントワネットの恋人であったスウェーデンの貴族「アクセル・ド・フェルゼン」などといったフランス史における歴史上の人物の名前がつけられており、実際に以前彼等は、このシャトーで生活をしていていました。高級ホテルの快適さをお約束しながらも、室内を飾る当時の装飾と家具は彼らが親しんでいた頃の雰囲気を再び作り上げています。

数世紀にわたってシャトーを見守ってきた木々に囲まれた庭園を散歩したり、18世紀のサロンでグラスをかたむけたり、居心地のよい書斎でくつろいだり、チャペルに隣接する音楽サロンで侯爵が愛したオペラを鑑賞する・・・等、シャトー・ド・レニャックはゲストに時間を忘れさせるような滞在をご提供いたします。

 

・ 37310 Reignac-sur-Indre

最寄り駅:Saint Pierre des Corps / Tours (サン・ピエール・デ・コール) から20Km

空港:Tours (トゥール) から25Km

【現地のレジャー】


・ ・マウンテンバイク ・公園

【近隣施設】


・美術館 ・乗馬 ・熱気球 ・屋内プール ・屋外プール ・屋内テニスコート ・屋外テニスコート ・釣り ・狩猟 ・フィットネス ・ゴルフ ・馬術:障害飛越競技

【駐車場】


・プライベート駐車場 ・屋外駐車場

【環境】


・田園地方

 
 
 
 
 
 
 
シャトーフランスへのお問い合わせ  |  旅行業約款  |  シャトーフランスとは  |  Presse  |  著作権について  |  お客様の個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ  | リンク