Château des Raynauds (シャトー・デ・レノード)   オーヴェルニュ地方

 

テンプル騎士団の史跡ともいわれる、このシャトー・デ・レノードの最も古い部分は12世紀から13世紀にまで遡ります。
16世紀には狩猟の中継地となり、この建造物は一時期、重要な法廷のあった街リオンに派遣された国王直属の高官の所有でもありました。19世紀に補修が行われ、これを期に、テンプル騎士団が身を守るために医療棟や農園として使用していた、要塞としての機能をいっさい排したのです。
4つの広々として居心地の良い客室がゲストをお迎えいたします。是非サロンでおくつろぎになり、女城主であるナタリーが心をこめて用意したお食事を広大なダイニングにてご堪能下さい・・・。シャトー・デ・レノードでの素晴らしいひとときを!
25名様まで収容可能なセミナールームもご用意しています。

カルトブルーにてお支払いしていただけます。

 

・ 63460 Teilhède

最寄り駅:Riom (リオン) から12Km

空港:Clermont Ferrand (クレルモン・フェラン・オルナ空港) から24Km

【現地のレジャー】


・ ・マウンテンバイク ・公園

【近隣施設】


・美術館 ・乗馬 ・タラソテラピー ・熱気球 ・アーチェリー ・屋内プール ・屋外プール ・屋外テニスコート ・釣り ・狩猟 ・フィットネス ・サウナ ・ゴルフ

【駐車場】


・プライベート駐車場 ・屋外駐車場 ・

【環境】


・田園地方

 
 
 
 
 
 
 
シャトーフランスへのお問い合わせ  |  旅行業約款  |  シャトーフランスとは  |  Presse  |  著作権について  |  お客様の個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ  | リンク