Hôtel Tardif (オテル・タルディフ)   ノルマンディー地方

 

モワッソン・ドゥ・ヴォー氏はルイ16世治下のヴェルサイユ宮殿で植物学者としての才能を発揮した後、自身の家族が所有するバイユーにある土地に戻り、城を建立しました。彼の芸術と情熱のシンボルであった庭園の木々は、現在では記念物に指定されています。
フランス革命の直後にやむなく放置されたこの館を、当時皇帝軍の指揮官であった地元の男爵に買われ、その後この新しい城はオテル・タルディフと、彼の名前を冠するようになりました。
その後、庭園は初めての市営の植物園として一般に公開されるようになり、城はいくつかの家族の手を転々としましたが、2005年からヴォワディ家が、城の持つ安らぎと本物の伝統を提供するためにと、ホテルを開きました。

バイユー大聖堂、有名なマチルド女王のタペストリー(バイユー・タペストリー美術館)の間、歴史的に名高いバイユーの中心にあり、庭園や快適で品のよい客室、そして暖かいおもてなしは、お客様の滞在を心休まるものとすることでしょう。
このホテルは、バイユーの観光、またはノルマンディー上陸作戦が決行された浜辺やベサン地方、この地にある数多くのシャトーへの観光に理想的な立地といえるでしょう。

 

・ 14400 Bayeux

最寄り駅:Bayeux

空港:Caen Carpiquet から27Km

【現地のレジャー】


・ ・ピンポン ・公園

【近隣施設】


・マウンテンバイク ・美術館 ・乗馬 ・ボート ・タラソテラピー ・アーチェリー ・屋内プール ・屋外プール ・屋内テニスコート ・屋外テニスコート ・ビリヤード ・釣り ・ウォータースポーツ ・フィットネス ・サウナ ・子ども用アクティビティ ・サイクリング ・ゴルフ ・水上スキー

【駐車場】


・プライベート駐車場 ・屋外駐車場

【環境】


・市街

 
 
 
 
 
 
 
シャトーフランスへのお問い合わせ  |  旅行業約款  |  シャトーフランスとは  |  Presse  |  著作権について  |  お客様の個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ  | リンク