Château d'Anthès (シャトー・ダンテ )   アルザス地方

 

多くの過去に彩られた物静かな土地の魔力…。
この17世紀に建てられたシャトー・ダンテは、風光明媚な環境や美しい建築から、忘れられない素晴らしいステイを約束することでしょう。グラン・バロンの麓、アルザスワインを巡るルートに面し、ルネッサンスの歴史に彩られたこのシャトーは、あなたをやさしく、あたたかく迎えてくれます。
繊細なインテリアが施された39室の客室、カヴォー地方の料理やプーシュキンのガストロノミー(美食)、緑に覆われた公園の中にある夏のテラス等、生きることへの芸術そのものともいえるシャトーです。
この名門旧家アンテ家は、ルイ15世治世下、剣などの鋳物武器を製造していたため、貴族らの手紙を数多く受け取っていました。かの有名な1837年、ジョルジュ=シャルル・ダンテと著名なロシアの詩人アレクサンドル・プーシュキンの一騎打ちがあり、その後、そのために世界的に有名になった城でもあります。ジョルジュ=シャルル・ダンテはツアール・ニコラ1世の騎士、フランスに戻ってからはスルツ市長兼上院議員、そしてオー・ラン県県議会長を務めました。

 

・ 68360 SOULTZ

最寄り駅:Mulhouse (15 km) ou Colmar から24Km

空港:Bâle - Mulhouse から30Km

【現地のレジャー】


・ ・マウンテンバイク ・ピンポン

【近隣施設】


・乗馬 ・屋外プール ・屋外テニスコート

【駐車場】


・プライベート駐車場

【環境】


・市街

 
 
 
 
 
 
 
シャトーフランスへのお問い合わせ  |  旅行業約款  |  シャトーフランスとは  |  Presse  |  著作権について  |  お客様の個人情報の取り扱いについて  |  サイトマップ  | リンク